開業、就任、昇格、栄転などの法人様向けお祝いギフトに―オンラインショップ〔日本胡蝶蘭〕は贈答用胡蝶蘭の通販サイトです

会員登録、ログインのお勧め 立札情報の登録、これまでの履歴からの購入などができます。 詳しいご案内はコチラ

メニュー

ショッピングガイド

立札の書き方

立札の記載内容の基本的構成としましては、「お祝い文言+送り主様」、または「先様+お祝い文言+送り主様」になります。

法人様向けの場合、先様(お相手の会社、団体名・部署名、お名前)は記載しないことが多くあります。

具体的な例は、以下の〔1.縦書き〕〔2.横書き〕の各パターンをご覧ください。

関連:≫立札の選び方
関連:≫立札の登録(マイ立札リスト)

1.縦書き

先様を記載しないパターン:

    

先様を記載するパターン:

   

2.横書き

先様を記載しないパターン:

    

先様を記載するパターン:

   


■送り主様の記載方法について

会社様からの送り物の場合は、「会社名」のみか、「会社名+代表者名(肩書きとフルネーム)」のどちらかになります。
どちらも一般的でございますので、どちらをお選びいただいても問題ございません。
また、特定の部署などから送る場合には「会社名+〇〇部 一同」といった記載をすることもあります。

ご活用ください!

当ショップでは、立札の記載内容を登録することができます。
基本になる立札の記載を登録しておくことで、その後のご注文の際には変更箇所だけを入力すれば済みます。

詳しいご案内≫立札の登録(マイ立札リスト)

お祝い時の文言一覧

分類

文言 解説
祝い全般 御祝

お祝い事一般に使われる文言です。お祝い事象を記載せず「御祝」だけの表記も多々あります。

ビジネス 祝 御開店
開店御祝
新しくお店を開く事をお祝いする際に使用します。
ビジネス 祝 御開業
開業御祝
新しく事業を始める事をお祝いする際に使用します。
ビジネス 祝 御開院
開院御祝
病院や寺院など、「院」がつく事業を始める事をお祝いする際に使用します。
ビジネス 祝 御開設
開設御祝
支店など、新しく施設や設備を増やし事業を始める事をお祝いする際に使用します。
ビジネス 祝 御開所
開所御祝
研究所や営業所など、「所」がつく業務を始める事をお祝いする際に使用します。
ビジネス 祝 御移転
移転御祝
住所や団体などの場所を移した事をお祝いする際に使用します。
建築物 祝 竣工
竣工御祝
工事が完了した事をお祝いする際に使用します。
具体的な内容を記載する場合には「新社屋竣工祝」「新工場竣工祝」といった内容を記載することもございます。
建築物 祝 落成
落成御祝
工事が完了し建築物が出来た事をお祝いする際に使用します。
建築物 祝 新築
新築御祝
新しく建物を建てた事をお祝いする際に使用します。
建築物 祝 改装
改装御祝
外観や内装を変えた事をお祝いする際に使用します。
具体的な内容は記載せずに、「御祝」「祝」のみを記載をされる場合も多いです。
建築物 祝 改築
改築御祝
建物を新しく作り直した事をお祝いする際に使用します。
具体的な内容は記載せずに、「御祝」「祝」のみを記載をされる場合も多いです。
人事 祝 御当選
当選御祝
選挙で選ばれた事、または懸賞等に当たった事をお祝いする際に使用します。
「〇〇当選御祝」といったように、具体的な内容を記載することもございます。
人事 祝 御就任
就任御祝
新しく任務につく事、または役職についた事をお祝いする際に使用します。
「社長就任御祝」といったように、具体的な内容を記載することもございます。
人事 祝 御昇格
昇格御祝
資格や役職、階級が上がる事をお祝いする際に使用します。
人事 祝 御昇進
昇進御祝
地位や役職が上がる事をお祝いする際に使用します。
人事 祝 御栄転
栄転御祝
今よりも良い地位や役職に転任する事をお祝いする際に使用します。
人事 退職御祝 勤めている職務から無事退かれる事をお祝いする際に使用します。
職場内で送る際には「定年おめでとうございます」といったメッセージを記載する場合も多いようです。
※他の慶事とは違い、「祝」を最初に記載することは少ないです。
記念 祝 〇周年
周年御祝
特定の物事の始まりから一年、二年と経過した事を記念しお祝いする際に使用します。
発表 祝 御講演 会場、もしくは大勢の人に向けて決まった題目で話をする事をお祝いする際に使用します。
具体的な内容は記載せずに、「御祝」「祝」のみを記載をされる場合も多いです。
発表 祝 御出演 舞台やテレビなどに出る事をお祝いする際に使用します。
具体的な内容は記載せずに、「御祝」「祝」のみを記載をされる場合も多いです。
発表 祝 個展開催 個展を開く事をお祝いする際に使用します。
具体的な内容は記載せずに、「御祝」「祝」のみを記載をされる場合も多いです。
受賞・受章 祝 御受賞
受賞御祝
ノーベル賞など、「賞」を受ける事をお祝いする際に使用します。
※「授賞」では賞を与える側となってしまいます。
受賞・受章 祝 御受章
受賞御祝
文化勲章など勲章を受ける事をお祝いする際にに使用します。
※「授章」では章を与える側となってしまいます。
※勲章の名前を付け「祝 文化勲章御受章」という書き方もあります。
長寿 祝 還暦 60歳を迎えられた事をお祝いする際に使用します。
親しい間柄の場合には「還暦おめでとうございます」などのメッセージを記載する場合もあります。
長寿 祝 古希 70歳を迎えられた事をお祝いする際に使用します。
親しい間柄の場合には「喜寿おめでとうございます」などのメッセージを記載する場合もあります。(以下のお祝いも同様にメッセージを記載することがあります)
長寿 祝 喜寿 77歳を迎えられた事をお祝いする際に使用します。
長寿 祝 傘寿 80歳を迎えられた事をお祝いする際に使用します。
長寿 祝 米寿 88歳を迎えられた事をお祝いする際に使用します。
長寿 祝 卒寿 90歳を迎えられた事をお祝いする際に使用します。
長寿 祝 白寿 99歳を迎えられた事をお祝いする際に使用します。
長寿 祝 百寿 100歳を迎えられた事をお祝いする際に使用します。

お供え時の文言

分類

文言 解説
お供え全般 御供

神仏に供える際に使用します。

※神仏になられた方へ供えるため、「御供」の文字だけ、もしくは御供とご自分の団体名やお名前のみを記入します。

御霊前・御仏前 御霊前 四十九日までのお供えの際に使用します。
御霊前・御仏前 御仏前 四十九日後のお供えの際に使用します。

TOP

しばらくお待ちください